メディアエッジ合同会社
〒136-0071 東京都江東区亀戸-8-4-6-101
TEL:03-5875-0333
sales_support@mediaedge.info
TOP MPL OPTRAND
MPL
MPL Switching Sensing Device
微小圧センサー・スイッチ
MTI社(米国フロリダ州)のMPL製品は、優れた技術と豊富な経験に基ずく 小型・軽量のプレッシャー(正圧)、バキューム(負圧)、ディファレンシャル(差圧)センサー・スイッチです。その高感度・高信頼性はエレクトロニクス・システムとインターフェイスする微小空気圧変化のコントロール・メカニズムに適合し、12.5Paの超微圧の空気圧から1.7MPaまでの範囲を検知するセンサー・スイッチで、人工呼吸気器、麻酔器・血圧計などの医療機器、コンプレッサー、電気器具、暖房機器など各産業分野の用途に使用されています。 正圧/負圧/差圧設定可能な高感度・小型・軽量の微圧スイッチ・シリーズは25年以上にわたり、米国、EU各国、日本の医療機器、産業機器、電気メーカー・ユーザーから、ゆるぎない信頼性の評価をいただいております。
⇒医療機器
 酸素吸入機や薬品投与機及び監視システムや、血圧計、衝撃システム
⇒産業機器
 コンプレッサー及びその応用機器
⇒オフィス機器
 紙の搬送制御やストレージ・デバイスやマザーボードの冷却、インク圧力の検知、キャリッジ位置制御、磁気テープの張力検知 
⇒暖房機器
 ガス燃焼炉や温水暖房設備
⇒自動車
 運転者の着座を快適にするために、腰の圧力を最大限に遮断する機器、 給油口のオイル充填の検知や、車体下の制御用途。
⇒航空・防衛
 ミサイル追尾、船舶ヘリコプター、原子力潜水艦、救助システム、航空機メンテナンスや地上制御機器
⇒建設・農業機器
 トラクターや収穫機器、建設機器

⇒フードサービス
 グリルでの圧力検知や揚げ物のフライヤー、電子オーブンなどの調理機器



OPTRAND
OPTRAND Optic Pressure Sensors
筒内燃焼圧センサー
オプトランド社(米国ミシガン州プリモス市)はシリンダー筒内圧の連続したモニタリング及び制御、テスト・診断用のダイナミック圧力及びスタティック圧力センサーの製造開発の専門メーカーです。センサーはシールドゲージ式で、柔軟性のある金属製のダイアフラムの前に位置したマルチ光ファイバーがダイアフラムの圧力変位量を感知するセンサーです。反射光の強さは、ダイアフラムの変位を誘起した圧力に比例します。特許取得済みのセンサー・ヘッド、ダイアフラム、自動参照技術がOEMとしてモニタリング及び制御システムに求められる長期信頼性を保証しています。長寿命(10億サイクル迄)、経済性の高いセンサーは300℃までの過酷な温度条件、燃焼、強い電磁波/無線周波干渉領域(EMI/RFI)、揮発性の高い化学製品下、爆発性/放射性の環境等で連続使用ができるように設計してあります。センサーは水冷、空冷等冷却せずに多様な圧力範囲及びセンサー・パッケージで使用することができます。小型、優れた絶縁性、耐高温性等の特徴はスパーク・プラグ、グロー・プラグ、燃料噴射装置内への組込みに適しています。
小型、優れた絶縁性、耐高温性などの特徴はスパーク・プラグ、グロー・プラグ、燃料噴射装置内への組込みに適しています。
米国、EU各国、日本の自動車・船舶エンジン・メーカーへの導入実績があります。
⇒ガソリン・ディ-ゼルエンジン Engine sylinder
⇒コンプレッサー Compressors
 Running on natural gas, hydrogen, ammonia
⇒溶融プラスティック Plastic Melts
 Applications requiring 400ºC-rated miniature sensors
⇒産業機器 Industrial Process Controls
 Ultra-high temperature, large EMI applications
⇒高電圧遮断器 Electrical Utilities
 Industrials circuitry breakers & transformers
⇒タービン Turbines
 Stall control
⇒ガス・オイル設備機器 Oil & gas expiration
 Down whole pump monitoring
⇒地熱蒸気 Geo-thermal wells
NEWS: オプトランド 圧力センサーが耐熱最高温度を450°Cに拡張
Optrand Extends Maximum Temperature Rating of Its Pressure Sensors to 450°C
Optrand pressure sensors are now rated for operation at temperatures up to 450°C (840°F) without cooling.
Benefitting from a metal coated optical fiber and ultra-high temperature glass seal, the sensor head (process connection) of Optrand’s pressure sensor can be exposed for thousands of hours to temperatures as high as 450°C without cooling. Such capability is available even for subminiature devices 1.8mm in diameter. Furthermore, the 450°C-rated sensors can measure very small or very large pressures, ranging from 0-1 bar up to 0-3000 bar. Unlike alternative high temperature piezoelectric or piezo-resistive pressure sensors which can be exposed to maximum temperatures only at their front surfaces, the entire sensor head and even a part of the cable of the Optrand sensor can be exposed to 450°C.

These sensors can continuously measure dynamic pressure or both static and dynamic pressurecomponents intermittently. The ultra-high temperature capability is not associated with anincreased signal noise observed in the alternative pressure sensors. Finally, Optrand’s 450°Crated sensors cost a fraction of the competing piezoelectric dynamic or piezoresistive staticdynamic transducers.

“The new enhanced capability to measure pressure without cooling at temperatures up to 450°C for thousands of hours enables a wide range of applications previously not available to our sensors” says Dr. Marek T. Wlodarczyk, Optrand’s President & CEO. “A few examples include
pressure measurement of plastic melts requiring sub-miniature sensors, monitoring and control of stationary and aviation turbines, measurement of engine exhaust pressure, and tuning of Formula One and other racing engines”.

About Optrand
Optrand, Inc. is a Plymouth, Michigan based developer, manufacturer, and licensor of high
temperature fiber optic pressure sensors for engine and industrial applications.